あなたと行政機関の架け橋:カテゴリー

あなたと行政機関の架け橋

 海事代理士は,海事法令の専門家として全国の港を中心に業務を行っています。船舶の建造から廃船解撤まで,海事法令規定に基づく様々な申請手続きがあります。その船舶はいかなる用途で使用されているか,総トン数は20トン以上か若しくは20トン未満か,外航船舶か,内航船舶か,船員が所持する海技免状又は操縦免許証の種類は,海技免状又は操縦免許証の取得時期・更新時期は何時か,船舶の譲渡等による所有者名義を変更した場合の措置は,等々・・・,行政機関に対する多種多様な手続が必要となり,内容によって申請先も変わってきます。申請・添付書類も多岐に亘り申請者は海事法令の理解とともに実務的な能力を必要とします。そのために,あなたと行政機関とをつなぐ役割を果たすのが海事代理士であり,相談に応じて,適切なアドバイスを行うとともに,委託を受ければ書類の作製から手続まで的確,迅速に処理いたします。
 今日,発展性のある企業は,徹底した事業の効率化と迅速性を追求するといわれていますが,このための一つの方策として,その道の専門家をいかに上手に活用するかがあるようです。
 
 是非,海事代理士の活用をご検討ください。


Page: 1
TOPPAGE  TOP