新着情報:カテゴリー

平成27年 海事代理士試験 筆記試験実施状況が発表されました

 平成27年海事代理士試験筆記試験実施状況が発表されました。

 
 出願者数は379名(26年は430名),受験者数は295名(同315名),合格者数は151名(同146名)で受験者に対する合格率は51.19%(同46.35%)でした。また,受験者の平均正答率は57.97%(同56.08%)でした。
 
 国土交通省によると,筆記試験の合格基準については,18科目の総得点220点の60%以上の得点を上げた者となっていますが,全科目受験者の平均正答率が60%を上回る場合には,平均正答率以上の得点をあげた者を合格としており,よって今般の筆記試験合格者については,60%以上の得点をあげた者を合格としたとのことです。
 
 口述試験については,国土交通省(本省;東京)にて平成27年11月24日(火)10:00~17:00実施予定となっています。
(受験者多数の場合、一部受験者については、11月24日(火)の17時以降又は11月25日(水)に実施する場合もあります。)
 
 なお,試験に関する最新情報については必ず国土交通省ホームページの発表を確認してください。
 
 
<参考>受験地別の合格者数 ( )内は26年
 
札幌市:5名 (6名)
仙台市:8名 (6名)
横浜市:64名 (58名)
新潟市:2名 (4名)
名古屋市:18名 (11名)
大阪市:21名 (22名)
神戸市:5名 (10名)
広島市:4名 (7名)
高松市:9名 (8名)
福岡市:14名 (12名)
那覇市:1名 (2名)
 
          計 151名 (計146名)

「口述試験直前対策セミナー開催のお知らせ」(予告)

 

海事代理士試験受験生の皆様へ


「口述試験直前対策セミナー開催のお知らせ」(予告)


 まもなく筆記試験の合格発表を迎えます。一般社団法人日本海事代理士会は今年も「口述試験直前対策セミナー」を実施します。是非,参加をご検討ください。

1.詳細は,10月23日にこのホームページに掲載します。

2.試験日前日のホテルを確保していますので,地方から受験される方の宿泊もご心配無用です。

3.10月23日から受付けますが,例年早期に定員に達しますので,お早めにお申し込みください。

 


平成27年度海事セミナー(中央研修会)のお知らせ

 

 本会では,海事法令の普及と海事実務能力の向上を図るため,毎年,海事セミナー(中央研修会)を開催しています。本年度は下記のとおり実施いたしますので、多くの方のご参加をお待ちしています。

 

  
◆開催日時 平成27年10月23日(金)13:00 ~ 10月24日(日)17:50
 
◆開催会場 名古屋港ポートビル
       ※クリックすると公益財団法人名古屋みなと振興財団にリンクします
 
         住   所 愛知県名古屋市港区港町1番9号
           電話番号   052-652-1111
                ※研修内容についての照会には応じることができません
         最寄駅  地下鉄名古屋港駅から徒歩3分
 
◆研修課程 研修課程表は下記リンクからダウンロード(pdf形式)してください。

                    → 
研修課程表はこちら ←
 
◆募集の詳細は,一般社団法人日本海事代理士会事務局 佐藤 までお問い合わせ下さい。
 
◆事務局  一般社団法人 日本海事代理士会
           〒104-0043 東京都中央区湊2-12-6 湊SYビル
           電話03-3552-9688 ファックス03-3555-2957
           ※おかけ間違いのないように十分ご注意ください。

 


本会事務局のメールアドレスを変更しました

 本会のメールアドレスを変更しました。新しいメールアドレスはトップページ上部の”お問合せ”ページに掲載のとおりです。

 お手数をおかけしますが,アドレス帳その他の更新を宜しくお願いします。

 

 

 


本部事務局お盆休みのお知らせ

 暑中お見舞い申し上げます。連日猛暑の記録更新が伝えられております。くれぐれも熱中症その他にお気をつけください。

 日本海事代理士会本部事務局は,8月12日(水)~14日(金)まで業務を休業させていただきます。この間も,電子メール,ファックスを受信することはできますが,対応につきましては17日以降となります。ご不便をおかけいたしますが宜しくお願い申し上げます。

 

 

 

 


平成27年海事代理士試験の施行について

  平成27年海事代理士試験の施行が公示されました(平成27年7月13日 官報 第6573号)。受験を検討されている方は,国土交通省ホームページにアクセスし必ず最新情報を確認してください。

 

 

 1.試験日程


 (1)筆記試験


    平成27年9月25日(金)   9:00~17:00


 (2)口述試験


    平成27年11月24日(火)  10:00~17:00

    (受験者多数の場合,一部受験者については,11月24日(火)の17時以降又は11月25日(水) に実施する場合もあります。)

 

2.試験場所


 (1)筆記試験

 

    札幌市   北海道運輸局

    仙台市   東北運輸局

    横浜市   関東運輸局

    新潟市   北陸信越運輸局

    名古屋市  中部運輸局

    大阪市   近畿運輸局

    神戸市   神戸運輸監理部

    広島市   中国運輸局

    高松市   四国運輸局(朝日町庁舎)

    福岡市   九州運輸局

    那覇市   内閣府沖縄総合事務局


 (2)口述試験


    東京都  国土交通省(本省)

 

3.受験手続


 (1)出願期間 平成27年8月3日(月)から平成27年8月31日(月)まで

         (郵送の場合は書留郵便とし,8月31日消印のものまで有効)


 (2)提出を要する書類

 

    [1]受験願書

      氏名欄には,戸籍抄本,外国人にあっては住民票に記載のある氏名を

          記入してください。


    [2]顔写真2枚(同一のものに限る。)(大きさは縦6㎝~8㎝,横4.5㎝~

         6㎝で受験願書提出前6カ月前に撮影した無背景,脱帽上半身のもの

    で,画像の鮮明な写真,特に顔のよくわかるもの)

※裏面に氏名及び撮影年月日を記入して下さい。


    [3]筆記試験免除申請書(平成25年海事代理士試験の筆記試験合格

    者に限る。)

 

(3)受験手数料


   受験願書に6,800円の収入印紙を貼って,消印をしないで提出して下さい。


 (4)受験願書用紙の請求先


 ●北海道運輸局 海事振興部旅客・船舶産業課 TEL 011-290-1011

    〒060-0042 札幌市中央区大通西10 札幌第二合同庁舎

●東北運輸局 海事振興部海事産業課 TEL 022-791-7512

    〒983-8537  仙台市宮城野区鉄砲町1 仙台第四合同庁舎

●関東運輸局 海事振興部旅客課           TEL 045-211-7214

    〒231-8433 横浜市中区北仲通5-57 横浜第二合同庁舎

●北陸信越運輸局 海事部海事産業課     TEL 025-285-9156

    〒950-8537 新潟市中央区美咲町1-2-1 新潟美咲合同庁舎二号館

●中部運輸局  海事振興部旅客課           TEL 052-952-8013

    〒460-8528 名古屋市中区三の丸2-2-1  名古屋合同庁舎第一号館

●近畿運輸局 海事振興部旅客課           TEL 06-6949-6416

    〒540-8558 大阪市中央区大手前4-1-76 大阪合同庁舎第四号館

●神戸運輸監理部 海事振興部旅客課         TEL 078-321-3146

    〒650-0042 神戸市中央区波止場町1-1 神戸第二地方合同庁舎

●中国運輸局 海事振興部旅客課         TEL 082-228-3679

    〒730-8544 広島市中区上八丁堀6-30 広島合同庁舎四号館

●四国運輸局 海事振興部旅客課        TEL 087-825-1182

    〒760-0064 高松市朝日新町1-30 高松港湾合同庁舎

●九州運輸局 海事振興部旅客課 TEL 092-472-3155

    〒812-0013 福岡市博多区博多駅東2-11-1 福岡合同庁舎新館

●内閣府沖縄総合事務局 運輸部総務運航課   TEL 098-866-1836

    〒900-0006 那覇市おもろまち2-1-1 那覇第二地方合同庁舎二号館

 

※ 郵便で請求するときは,必ず返信用の郵便切手(140円)を同封してください。

  なお,願書請求にあたっては,必ずご自分の住所を明記することを忘れないようご注意下さい(A4サイズの返信用封筒に返信先の住所及び氏名を記載の上,同封 するのが望ましいです。)。

 

 (5)受験願書の提出先


  受験希望地を管轄する地方運輸局長(神戸運輸監理部長及び内閣府沖縄総合事務局を含む。)に提出してください。なお、筆記試験の免除を受けようとする受験希望者の方は,国土交通省海事局総務課(住所:〒100-8918 東京都千代田区霞が関2-1-3)へ直接提出してください。また,受験願書を郵送する場合は書留郵便とし,必ず受験票送付用の郵便切手(82円)を同封してください。

 

4.筆記試験の合格者の発表


 平成27年10月23日(金)に,受験地を管轄する地方運輸局,運輸監理部又は内閣府沖縄総合事務局及び本ページにおいて受験番号を掲出するとともに,筆記試験合格者に対し口述試験の案内を発送します。

  なお、電話等によるお問い合わせにはお答え致しません。

 

5.合格者の発表


 口述試験終了後20日以内に,官報において受験番号を公示し,本人には合格証書を送付します。

  なお,電話等によるお問い合わせにはお答え致しません。

 

6.筆記試験の免除


 平成26年海事代理士試験の筆記試験に合格し,口述試験に合格しなかった者が本年の海事代理士試験を受験する場合には,受験願書に筆記試験免除申請書を添えて 提出することにより,本年の筆記試験は免除され,直接口述試験を受けることができます。

 

7.その他


(1)筆記試験の当日は受験票及び筆記用具を携行してください。


(2)教科書,参考書,法令集等は,試験場に持ち込まないでください。


(3)筆記試験当日は8時40分までに受験地の試験場に出頭して係官の指示を受けてください(原則として,試験開始時刻に試験会場に入室していない受験者は試験を受けることは出来ません。)。


(4)入門規制を実施中の際には係官に受験票を掲示して入庁してください。係官から特段の指示があった場合には,それに従って下さい。

 


<問い合わせ先>


海事局総務課 海事振興企画室

TEL:03-5253-8946





 


船舶所有者等のための船舶法及び関係法令ガイダンスについて

  一般社団法人日本海事代理士会は公益財団法人日本財団助成事業「2014年度船舶所有者等のための船舶法及び関係法令ガイダンスの作成」の事業成果物を公開しました。

 1997年に日本財団助成事業で作成された「船舶法及び関係法令の解説」は,その後の大小法改正が反映されないままとなっていたので,本書では、これらを反映し全面的に改訂するとともに,より広く利用していただくため分かり易くし,ガイダンスとしたものです。
 本書には,船舶法等の解説はもとより,船舶法に基づく手続き,船舶登記に関する記述も含め船舶に関する幅広い資料を掲載いたしました。
 船舶運航事業者をはじめ海事関係者の業務に広く利用いただけるような内容となっております。

 


「いのちを守る知識と情報の活用」に関する情報案内ページを開設

 

 

 公益財団法人日本海事センター補助事業「いのちを守る知識と情報の活用」に関する情報案内ページを設置しました。

 海の安全確保のお供に,どうぞご活用ください。

 <アドレス>
 http://jmpcaa.org/main/precious-life.php

  

precious.jpg

 

 

 



Page: <<前の5件  1 < 2 < 3 < 4 < 5 < 6 < 7 < 8 < 9 < 10  次の5件>>
TOPPAGE  TOP 

カテゴリー

月別アーカイブ

サイト内検索


2019年6月

            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30