私たちは海事代理士です

当サイトは一般社団法人日本海事代理士会の公式ホームページです。

 海事代理士は,海事手続専門の国家資格者であり,概ね以下のような業務を代理人として受託します。海事代理士のご利用をぜひ,ご検討ください。

1.船舶に関する手続
船舶の建造,売買,相続から廃船に至るまでの登記・登録・検査・検認,
海洋環境や安全に係る国際条約による証書類の取得など

2.船員や海技資格に関する手続
 船員の雇用や労働を律する船員法関係諸手続,
 (例:船員手帳の交付や書換,乗組員の雇入届出や海難事故等の報告事務など)
海技士や小型船舶操縦者などの海技資格の取得や更新など

3.海上交通に関わる各種事業に関する手続
 旅客船事業,船舶による貨物運送事業,港湾荷役や造船業等,各種事業の
許認可・登録等の取得など

4.その他,上記に係る相談・鑑定等の業務

5.公益事業など
 海事関係者やその他一般市民を対象に,海・船・港に関する地域情報や,
海事分野における法制度の概要,海運や海技資格手続きについての最新情報などの
簡潔な情報提供を行う,「マリタイムアクセス事業」や小規模船舶運航事業者を対
象とする運輸安全マネジメント支援活動を行っています。また,概ね年一回,海事
セミナーを開催し海事代理士の資質の向上を図っています。




平成28年海事代理士試験の施行について

   平成28年海事代理士試験の施行が公示されました(平成28年7月15日 官報 第6818号)。受験を検討されている方は,国土交通省ホームページにアクセスし必ず最新情報を確認してください。

 

 

 1.試験日程


 (1)筆記試験


    平成28年9月30日(金)   9:00~17:00


 (2)口述試験


    平成28年11月28日(月)  10:00~17:00

    (受験者多数の場合,一部受験者については,11月28日(月)の17時以降又は11月29日(火) に実施する場合もあります。)

 

2.試験場所


 (1)筆記試験

 

    札幌市   北海道運輸局

    仙台市   東北運輸局

    横浜市   関東運輸局

    新潟市   北陸信越運輸局

    名古屋市  中部運輸局

    大阪市   近畿運輸局

    神戸市   神戸運輸監理部

    広島市   中国運輸局

    高松市   四国運輸局(朝日町庁舎)

    福岡市   九州運輸局

    那覇市   内閣府沖縄総合事務局


 (2)口述試験


    東京都  国土交通省(本省)

 

3.受験手続


 (1)出願期間 平成28年8月1日(月)から平成27年8月31日(水)まで

         (郵送の場合は書留郵便とし,8月31日消印のものまで有効)


 (2)提出を要する書類

 

    [1]受験願書

      氏名欄には,戸籍抄本,外国人にあっては住民票に記載のある氏名を

          記入してください。


    [2]顔写真2枚(同一のものに限る。)(大きさは縦6㎝~8㎝,横4.5㎝~

         6㎝で受験願書提出前6カ月前に撮影した無背景,脱帽上半身のもの

    で,画像の鮮明な写真,特に顔のよくわかるもの)

※裏面に氏名及び撮影年月日を記入して下さい。


    [3]筆記試験免除申請書(平成25年海事代理士試験の筆記試験合格

    者に限る。)

 

(3)受験手数料


   受験願書に6,800円の収入印紙を貼って,消印をしないで提出して下さい。


 (4)受験願書用紙の請求先


 ●北海道運輸局 海事振興部旅客・船舶産業課 TEL 011-290-1011

    〒060-0042 札幌市中央区大通西10 札幌第二合同庁舎

●東北運輸局 海事振興部海事産業課 TEL 022-791-7512

    〒983-8537  仙台市宮城野区鉄砲町1 仙台第四合同庁舎

●関東運輸局 海事振興部旅客課           TEL 045-211-7214

    〒231-8433 横浜市中区北仲通5-57 横浜第二合同庁舎

●北陸信越運輸局 海事部海事産業課     TEL 025-285-9156

    〒950-8537 新潟市中央区美咲町1-2-1 新潟美咲合同庁舎二号館

●中部運輸局  海事振興部旅客課           TEL 052-952-8013

    〒460-8528 名古屋市中区三の丸2-2-1  名古屋合同庁舎第一号館

●近畿運輸局 海事振興部旅客課           TEL 06-6949-6416

    〒540-8558 大阪市中央区大手前4-1-76 大阪合同庁舎第四号館

●神戸運輸監理部 海事振興部旅客課         TEL 078-321-3146

    〒650-0042 神戸市中央区波止場町1-1 神戸第二地方合同庁舎

●中国運輸局 海事振興部旅客課         TEL 082-228-3679

    〒730-8544 広島市中区上八丁堀6-30 広島合同庁舎四号館

●四国運輸局 海事振興部旅客課        TEL 087-825-1182

    〒760-0064 高松市朝日新町1-30 高松港湾合同庁舎

●九州運輸局 海事振興部旅客課 TEL 092-472-3155

    〒812-0013 福岡市博多区博多駅東2-11-1 福岡合同庁舎新館

●内閣府沖縄総合事務局 運輸部総務運航課   TEL 098-866-1836

    〒900-0006 那覇市おもろまち2-1-1 那覇第二地方合同庁舎二号館

 

※ 郵便で請求するときは,必ず返信用の郵便切手(140円)を同封してください。

  なお,願書請求にあたっては,必ずご自分の住所を明記することを忘れないようご注意下さい(A4サイズの返信用封筒に返信先の住所及び氏名を記載の上,同封 するのが望ましいです。)。

 

 (5)受験願書の提出先


  受験希望地を管轄する地方運輸局長(神戸運輸監理部長及び内閣府沖縄総合事務局を含む。)に提出してください。なお、筆記試験の免除を受けようとする受験希望者の方は,国土交通省海事局総務課(住所:〒100-8918 東京都千代田区霞が関2-1-3)へ直接提出してください。また,受験願書を郵送する場合は書留郵便とし,必ず受験票送付用の郵便切手(82円)を同封してください。

 

4.筆記試験の合格者の発表


 平成28年10月28日(金)に,受験地を管轄する地方運輸局,運輸監理部又は内閣府沖縄総合事務局及び本ページにおいて受験番号を掲出するとともに,筆記試験合格者に対し口述試験の案内を発送します。

  なお、電話等によるお問い合わせにはお答え致しません。

 

5.合格者の発表


 口述試験終了後20日以内に,官報において受験番号を公示し,本人には合格証書を送付します。

  なお,電話等によるお問い合わせにはお答え致しません。

 

6.筆記試験の免除


 平成27年海事代理士試験の筆記試験に合格し,口述試験に合格しなかった者が本年の海事代理士試験を受験する場合には,受験願書に筆記試験免除申請書を添えて 提出することにより,本年の筆記試験は免除され,直接口述試験を受けることができます。

 

7.その他


(1)筆記試験の当日は受験票及び筆記用具を携行してください。


(2)教科書,参考書,法令集等は,試験場に持ち込まないでください。


(3)筆記試験当日は8時40分までに受験地の試験場に出頭して係官の指示を受けてください(原則として,試験開始時刻に試験会場に入室していない受験者は試験を受けることは出来ません。)。


(4)入門規制を実施中の際には係官に受験票を掲示して入庁してください。係官から特段の指示があった場合には,それに従って下さい。

 


<問い合わせ先>


国土交通省海事局総務課

TEL:03-5253-8608

会員名簿更新のお知らせ

 近畿支部会員名簿を更新しました。

 現在の総会員数は361となっています(本サイトへの名簿不掲載会員含む)。
各支部ごとの内訳は次の通りです。

北海道支部 19名
東北支部 23名
関東支部 87名
北陸信越支部 10名
中部支部 37名
近畿支部 26名
神戸支部 31名
中国支部 34名
四国支部 41名
九州支部 53名

 

  

 2016年7月11日掲載

事務所移転のご案内

平成28年3月吉日

事務所移転のご案内

 

 

 平素は格別のご高配を賜り厚く御礼申し上げます。

この度,当会は平成28年3月4日より本部事務所を下記の通り移転し,業務を行うことになりましたのでご案内申し上げます。

 

 

 

【移転先住所】

 

 〒104-0043 東京都中央区湊3-16-3 イトウビル

 電話:03-3552-9688

 FAX : 03-3555-2957

 ※電話・FAXに変更はございません。

 

一般社団法人日本海事代理士会

TOPPAGE  TOP 

カテゴリー

月別アーカイブ

サイト内検索


2016年7月

          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31